大切な人と最後まで…
いずれは訪れる家族介護 それがより良い想い出となるように...
介護

ハイブリッド介護士を目指しましょう

ハイブリッド介護士を目指しましょう

介護の仕事は、高齢者の生活を支える仕事です。

現状では、無資格でも始める事ができます。だからと言って簡単な仕事でもない為、始めたはいいもののすぐに辞めてしまう…という事が起きやすい業界でもあります。その為、一般の職業と平均して離職率が高い仕事です。学歴やそれまでの経歴にも左右されない為、いつでも介護の世界に飛び込む事が出来るのも大きな魅力ではあります。逆に言えばいつでも介護の仕事ができる…という事でもあります。今回は介護に興味を持っている学生さんへキャリアデザインを提案したいと思います。
大学に行かないと取れない資格を取得してから介護の仕事に就くという事を考えてみてはどうでしょうか?



介護の仕事を始める場合、今までは主に三種類の方法がありました。1つに、高校を卒業してからそのまま福祉の仕事に就業する事、2つ目に、福祉系の専門学校に行き卒業後福祉の仕事に就く事。3つ目に福祉系の大学に入って卒業後、施設等で働くとという三つのパターンが主でした。

福祉系の大学は、福祉用具の企業に入ったり比較的大きい企業の幹部候補として入ったりと言った感じで福祉系の職業の中では比較的キャリア幹部の候補として入職する学生が多いです。ただ、福祉業界は一族経営や超ローカル経営だったりする所が多く、施設の重要なポジションは家族や親族が固めている…所が多いというのも現状で結局、四年生大学に卒業しても、待遇は専門学校や高卒の人とキャリアに差がつきにくいというのが現状なようで(そういった採用は社会福祉系の学科の方が多い)まだまだそういった採用をする企業は少ないです。

私は、学歴があまり重視されない現状では四年生の大学に進学するメリットは少ないと思っています特に福祉系の仕事は実務経験が資格試験やキャリアアップの研修を受ける際に求められるので、(ケアマネージャーやリーダー研修など)介護の仕事でキャリアを積むつもりであれば早めに現場に入った方がいいです。その為、高校卒業して直ぐに介護の仕事を始める事は早期のキャリア獲得する点では、非常に合理的な選択ともいえるでしょう。大卒と高卒で初任給は違ってきますが、資格取得のスピードも早まるので(特にケアマネージャーの取得が早まる。介護現場ではケアマネージャーを取得している人がユニットリーダーや主任などの役職についている事が多い)専門学校は2年で卒業し、介護福祉士の受験資格が2年で取得出来るので介護福祉士のみを早めに取得したい方にオススメです。ケアマネージャーをとるのを急がないのであれば専門学校に進学するのも良いでしょう。

おさらい

  1. 早くキャリアを積みケアマネージャーなどの資格を早めに取りたい人は高卒で。
  2. しっかり学び早めに介護福祉士をとりたいのであれば、福祉系の専門学校。
  3. 大卒という肩書き(修士課程取得)を目的にして大手の企業でキャリア幹部などを目指すのであれば大学進学。

という選択が望ましいでしょう。

第四の選択として

最近は介護の資格だけでなく、介護+国家資格という他の資格を持つスタイルも注目されています。介護は生活に関わる仕事ですから、そのほかの分野でのプロフェッショナルと介護を組み合わせる事でより質の高いサービスを提供できるとして注目されています。

例としては、介護福祉士+看護師介護福祉士+柔道整復師、リハビリ職+介護福祉士、といった具合です。

「ハイブリット介護福祉士」

とでも言えるでしょう。看護やリハビリを学べるだけの教養があるのであれば、最終的に介護の仕事を就く事を目標として、先に看護師やリハ職などの学校で学ぶ事も良い方法だと思います。リハビリをしてくれる介護士さんや、医療行為のできる介護士さんは施設側としても魅力的ですので今後はそういった、キャリアの積み方も注目されていくと思います。

以上学生側の視点で将来のキャリアデザインについてお話をしました。いろいろなスキルを持つことはそれだけ多くの人を助ける事ができるという事でもありますので、自分自身の価値を高める努力をして行きましょう。

この業界は学歴よりも資格とその資格に見合った能力があるかどうかで評価されるようになってくると思いますので、しっかり学ぶ意欲がある時にしっかり学んで福祉の業界を盛り上げていきましょう。



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です