大切な人と最後まで…
いずれは訪れる家族介護 それがより良い想い出となるように...
介護

排泄タイミングを知らせるD freeが素晴らしいので紹介してみます

排泄タイミングを知らせるD freeが素晴らしいので紹介してみます

自宅で介護をしている人や、介護施設で働く介護職員の頭を悩ますのが「排泄」でしょう。

排泄の援助は介護の中で負担が特に大きい所です。排泄の介助自体はおむつ交換をしたりトイレに連れて行ったりと10分程で終わるのですが、おむつ交換以外にも排泄にまつわる様々な苦労があります。

認知症の方であれば、トイレが心配で尿が出ないのに心配ゆえに何度もトイレに行きたがったりする事があります。じゃあトイレに行けば?となるんですが、介護が必要な方は総じて健康的に歩ける方ばかりではないので、

「トイレの回数=介護の手間になります。」

夜間、1時間に一回行くたびに起きてトイレ介助をする…。

考えただけでも大変ですよね…。
施設でも、多くの利用者さんの排泄を介助する中で全員が同じ排尿のパターンとは限りません。しかし介護の施設では同じ時間に夜間の排泄援助をします。ちょっとしか尿が出ていないのにおむつを交換したりする事もあります。しかし、タイミングが合わず、そのあとに多量に出たりして翌朝、尿汚染して、衣類や寝具を全部着替える…

なんて、苦労もあります。

当事者である、高齢者も排泄はなるべくトイレで排泄をしたいという想いの方は多いです。それは認知症の方も同じです。認知症になって、尿意が無くなっても自分でトイレに行かれる方もいるぐらいですから(結局パンツの中に尿が出ているのですが)

それぐらい人間は排泄がトイレでできる事を重んじているのです。すなわち、排泄が快適になるというのは、安心して暮らせる事と同意義だと思っていただいてもいいでしょう。

一人一人の排泄のタイミングが知れたら…

そんな想いを叶える福祉機器が実はあったのです

しかも二年程前から(笑)


それがこの機械「Dfree」です

これぐらいの大きさのデバイスで小さい方の機械を下腹部に取り付けます。

装着したデバイスが尿や便の量を検知し、専用のスマートフォンと連動します。

 

と言った具合にお知らせをしてくれます。

 

 

 

 

 

途中の尿のたまり具合も確認できるので非常に良いです。

 

 

 

 

「D free」の介護現場にもたらすメリット

  1. 尿意が訴えれない人に対して必要な時に排泄援助ができる
  2. トイレしたい時にトイレ誘導を促せる場面が増加し利用者の安心感が増す。
  3. 結果的に不穏になったりしない為、職員の介護負担が減る
  4. 膀胱内の状況を可視化できる事によって、ケアに根拠ができる
  5. 排尿パターンを紙媒体でアナログなアセスメントをする必要が無くなることで業務負担が減らせる。

家族介護にも多くのメリットあり

  1. 夜間不必要な排泄介助を減らせる。
  2. その結果、床ずれが出来にくくなる
  3. 半身不随の人で尿意、便意ない人でも膀胱の状態を可視化される事によって安心して外出が出来る
  4. パソコンじゃなくてスマホのアプリであること

等、この装置を使用する事で解消されるストレスは数え切れません。

もちろんデメリットもあって

  1. 常時装着するには、少し大げさすぎる。もっと、小さくないと心理的な抵抗が大きい機械に繋がれている感じがあるかなと…(普及してもっと小型になるといいな)
  2. 五万円ほどと、個人で買うならコスパは充分な気がしますが施設単位で買うと利用者の数も多い為補助金や助成金がないとかなりの投資額になる。
  3. 個人的な意見ですが、もう少し定価が下がると購入しやすくなって普及しやすくなるような気がします。

と課題ももちろんありますが、あまり注目をされていない印象ですが非常に期待が大きい福祉用具だと個人的に考えております。

Dfreeさんの企業ページはこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です