大切な人と最後まで…
いずれは訪れる家族介護 それがより良い想い出となるように...
介護職の待遇改善について

介護職の賃金が月額8万円上がることが現実となるか?

介護職の賃金が月額8万円上がることが現実となるか?

政府から消費税増税が先日正式に発表されましたね。

消費税増税に合わせて、私たち介護職に就く人間が最も注目するのが、「月額8万円相当の賃金アップ」が政策として検討されている事でしょう。

私たち介護職の平均賃金はざっくり月平均22万円だそうです。これが8万円相当上がるとかなりまともな待遇に近づくような気がします。

と言っても、国が最初に持ち出した条件は、「勤続年数10年以上」というかなり限定された要件です。もちろんこれは素案なので、今後議論が交わされる事になるでしょう。

今回の待遇改善の素案のポイントは

  1. 「勤続年数10年以上の介護福祉士」が「どの程度の割合いなければならないのか」
  2. 「勤続年数10年以上の介護福祉士以外には恩恵があるのか」
  3. 「10年以上の定義は同じ事業所で10年以上か」それとも「様々な事業所含めてトータルで10年以上か」

という所でしょう。

すでに議論されている所ですと、②の「勤続年数10年以上の介護福祉士以外には恩恵があるのか」に関しては、他の職種や要件に該当しない職員に対してもお金を使ってもよい事などはすでに議論がなされている所です。

意外と触れられていないのが①「勤続年数10年以上の介護福祉士」「どの程度の割合いなければならないのか」の所で、たった一人でも10年以上勤続している介護福祉士がいればよいのと、一定数の職員に対してこれだけの人数の10年以上の介護福祉士がいないといけない…というのでは要件を満たす難度がかなり変わってきます。

そして、今日ピックアップしたいのは③の介護福祉士を取得して10年以上で月8万の賃金アップの「10年以上の定義は同じ事業所で10年以上か」それとも「様々な事業所含めてトータルで10年以上か」という点で介護現場で働くモノのとしての視点で話をしたいと思います。

「同じ事業所で10年以上」では経験の長い職員が、増長する⁉︎

私は「同じ事業所で10年以上勤続」というのを賃金アップの要件にすることはちょっと現場視点で見ると不安なんですよね。介護現場のあるあるとして「長く働いている人の意見が重要視されすぎて(しかも根拠が明確でないのに)風通しが良くない職場になっている…」という現状があります。介護の仕事は、メカニズムやシステムがはっきりしている仕事とはまた違っていて、「現場の決定や判断がたった極少数の職員の意見でおおよそ決まってしまう」という事が大いにあります。

こうした背景に

  • 個人の主観に基づいた介護が今でも行われている。
  • 個人の主観に基づいた介護が行われている為に一部の介護職員本位の介護方針になりやすい。
  • その一部の介護職員というのは勤続年数の長さに比例していることが多い。

というものがあるからです。

その為、「同じ事業所で10年以上勤続」している事が待遇改善の要件になってしまうと経営者サイドからも要件に該当する職員を優遇してしまう事は大いに考えられます。

「トータルで10年以上勤務の介護福祉士」にする事のメリット

そういったことから、私は「事業所が別でも現場経験10年以上の介護福祉士」を要件にした方が良いと思っています。一つの職場で10年以上働く人はハードルも高く増えにくいですが、「トータルで現場経験10年以上の介護福祉士」であれば、より多くの人が要件に当てはまりますし、新しく介護福祉士を取得した人たちのモチベーションアップにも繋がります。

そもそも「同じ事業所で10年以上勤続」しないと賃金アップしないなんて時代錯誤もいいところですよ…。働いた所が10年働けるだけの労働環境かもわからないのに…ブラックだったり合わなかったりしたらどうするんでしょうかね?

まあ、国も10年以上継続して介護の仕事をしている人の割合が少ない事をわかっているからこそ「勤続年数10年以上」という条件を乗っけてきたのでしょう。

「介護福祉士月額8万以上の賃金アップ」という大衆に向けてのインパクトをあたえつつ実際は「勤続年数10年以上」ハードルを設けてやっぱり小出しにするあたりは国の台所事情も大きく反映されているんでしょうね。

「正直お金は出したくない」

という国の意図が透けて見えます。

ただ、忘れてならないのが月8万円の賃金アップではじめて一般企業の平均賃金と肩を並べることが出来るという事です。今でも、介護の仕事は月10万円ほど一般の企業よりも賃金が少ないのです。今回の待遇改善の政策が実現されて初めて普通の生活が出来るようになる…という事をわすれてはなりません。

それほど介護の仕事は低賃金なのです。

より多くの介護職員がこの政策の恩恵にあやかれるようにならなければ人手不足の解消としての政策としては機能しない…と私は考えます。

ひとつ心配な事

介護の仕事の未来がかかっている…といっても過言ではなさそうな今回の待遇改善案なのですが、一つ気がかりなのが現場単位でこの政策で意見をなされていない事です。正直身近でもそんな話が上がっている事も知らない介護職員が多いです。去年この話がポンと出てきたときは「急にどうした⁉」がすごかったですが、SNSなどで訴えられている現状がこういった政策を引き出させたようにも思えるんですよね。

将来の自分たちの生活の事でもありますから、皆さんも真剣に考えましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です