介護

消費税が上がって、我々介護職の待遇はどうなったか?

消費税が上がって、我々介護職の待遇はどうなったか?

10月以降消費税増税がされましたね。独身者の人間には生活の出費が増えたかどうかあまり実感がありません(笑)
家族がいる方はお金を使う場面が多様なので、多くの方が実感している事と思います。

私が働く施設では、消費増税にともなって賃金がupしたわけではないので、実質的な賃金は下がりました。
しかし、10月から追加された、介護職員の処遇改善が実施されたことで、一部の経験のある介護職員は賃金が上がりました。

この処遇改善、処遇改善とは言うものの、実は多くの介護職員に恩恵があずかれた。。。とまでは言い難い状況です。
第一に、消費増税にて実質的な賃金は減少。
そして今回の処遇改善加算の恩恵にあやかれるのは10年以上の経験をもつ介護職員や高い技能を持った職員となっています。これ、実際には事業所では小規模な事業所だと、せいぜい1人から2人、大規模事業所でも多くて10人行くかどうか…
と言うのが現状のようです。また、月八万相当の改善とは言うものの多くの職員に処遇改善を行おうとすると月八万相当の賃金改善にはならず、「広く薄く」もしくは、「狭く濃く」のどちらかしか選べないと言うのが実感のようです。
ですから、いまいち介護界隈では処遇改善の実感は薄いようで盛り上がりはイマイチ

結局肩透かしの改善…

と言わざるを得ないと言う印象です。

ちなみに、利用者の数に比例して加算されていくので、当然定員を満たしていない事業所や定員自体が少ない小規模事業所はさらに恩恵に預かりにくく更なる大規模事業所が優遇される傾向が顕著に見られるようになってきました。
今の政治をそのまま福祉業界に反映させたような処遇改善と言えるでしょう。

地方の福祉はどうなることやら…

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です