大切な人と最後まで…
いずれは訪れる家族介護 それがより良い想い出となるように...
介護

介護の仕事に専門性はあるのか?

介護の仕事に専門性はあるのか?

介護の仕事でよく問われる
「介護は専門性があるのか」という問題

結論から言うと
「高い専門性を有する」というのが私の見解です

まず前提として、介護の仕事は「介護保険法」という法律に基づいて介護サービスを提供しています。
その介護保険法の条文第2条にどのような人を対象にどのような事を行うかという事が書かれています。
その介護保険法、第一章総則第二条にこう書かれています。

第二条 介護保険は、被保険者の要介護状態又は要支援状態(以下「要介護状態等」という。)に関し、必要な保険給付を行うものとする。
2 介護保険給付は、要介護状態等の軽減又は悪化の防止に資するよう行われるとともに、医療との連携に十分配慮して行われなければならない。
3 第一項の保険給付は、被保険者の心身の状況、その置かれている環境等に応じて、被保険者の選択に基づき、適切な保健医療サービス及び福祉サービスが、多様な事業者又は施設から、総合的かつ効率的に提供されるよう配慮して行われなければならない。
4 第一項の保険給付の内容及び水準は、被保険者が要介護状態となった場合においても、可能な限り、その居宅において、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるように配慮されなければならない。

とあります。

2 介護保険給付は、要介護状態等の軽減又は悪化の防止に資するよう行われるとともに、医療との連携に十分配慮して行われなければならない。

第二項では介護が必要な人の悪化を防止するように、医療と連携をしないといけないと書かれています。サービスを提供する際には医療の分野の人としっかり話をしながらサービスの提供を行っていかなければならない事が書かれています。

3 第一項の保険給付は、被保険者の心身の状況、その置かれている環境等に応じて、被保険者の選択に基づき、適切な保健医療サービス及び福祉サービスが、多様な事業者又は施設から、総合的かつ効率的に提供されるよう配慮して行われなければならない。

第三項には介護を必要とする人の心や身体の状態、環境を十分に配慮する事、そして介護を必要とする人の自己選択を尊重しつつ、その要望に応じて沢山あるサービスの中からうまく選択してあげてね。と書かれています

介護保険サービス 概要図

介護サービスは上記の画像にあるように様々な種類に分かれています。

施設や事業所の看板にはどういった用途の施設かなどは大きく書かれておらず、一般の人にはどういったサービスを提供しているのかはわかりにくいものになっています。

その、わかりにくいものをちゃんとわかりやすく説明してサービスに繋げてあげてねっていう事です。

そして第四項

4 第一項の保険給付の内容及び水準は、被保険者が要介護状態となった場合においても、可能な限り、その居宅において、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるように配慮されなければならない。

そして四項には介護の状態になっても可能な限り家で過ごせるよう配慮してあげてね。

と書かれています。

 

そして介護保険法の条文第一条には介護を受ける人はどのような人と定義されているのかこのように書かれています。

加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病等により要介護状態となり(引用)入浴、排せつ、食事等の介護、機能訓練並びに看護及び療養上の管理その他の医療を要する者等について、これらの者が尊厳を保持し、その有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができるよう…(中略)国民の保健医療の向上及び福祉の増進を図ることを目的とする。

要は
「年を取って体力、気力が落ちていって衛生面、食事、トイレなどが、自分でできなくなっているけどプライドは尊重してなるべく自立した生活を送らさせてあげてね♡

ちなみになるべく悪くならないようにすることも忘れないでね♡」

と、なかなかにハードルの高い事をおっしゃっている訳です。

と、いう事はですよ

介護の仕事というのはまず高齢によって生ずる身体の変化はどういったものかしっかり理解していないといけないという事になります。

更に排せつや食事、清潔を世話をされるという健康的な人にとってはそれ以上に屈辱的なモノはないんじゃないかと思うぐらいに尊厳を刺激されるような事を、尊厳を守りつつ行うという心理学者顔負けのテクニックを要求されるわけです。

更に「衰え」という生理現象にあらがうがごとく

「リハビリなどを行って今の状態を維持してね、出来れば向上したらなおいいよね~

そしたらみんな幸せになるよね~」

ってな感じで書かれています。

高齢者は子供のように自分で楽しみをみつけ一人で成長していくなんて人は早々いるもんじゃないです。

高齢になって身体が不自由になればほっとけば意欲は落ちるし、出来ない事が日々増えていき、自信を無くし日々若いころの自分とのギャップを感じながら衰えていきます。

そういった人に意図的に生への活力、老いへの受け入れ、日常生活のお世話を提供するというなかなかにハードルの高い事が求められる職業です。
私は、この条文が無く介護に求められる事が単純に食事や身の回りの世話だけであれば介護に専門性は無いと言ってもいいのでしょうが…

やはり尊厳の保持を保ちながら介護を行う、ほっといたら身体状態が低下し意欲も落ちてしまうような人に意図的に機能訓練を施してなるべく状態を低下させないというのは、人の心理を操るスキルや、病気や身体の構造に対する知見なども兼ね備えていなければならず、自立した生活が出来るように支援するんだから、専門性がないわけ無いんですよね。

SNSでは良く介護の専門性の有無を問われる事が多いですが、待遇面が安い事と専門性を紐づけている人もいて、それはそもそも論点が違うんじゃないかと思います。

介護職の年収と同じような低収入な国家資格というのはいくらでもあるし、国の制度で運用されており、時の国家の経済状態でも待遇面は左右されるでしょうから専門性の高さ=高賃金とは必ずしも当てはまらないかと思います

もちろんこの仕事だけで十分に生活が出来るっていうのが理想ですけどね(今はなんとか生活できるってレベルかな?)

ただ、本当に専門性を確立するのであれば論文や研究を世の中に出す必要があると思います。高齢者介護の分野はこの部分が圧倒的に足りないと思います。

このブログのように(笑)抽象的に専門性の有無を語ったところで所詮1意見でしかないんですからね。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です