大切な人と最後まで…
いずれは訪れる家族介護 それがより良い想い出となるように...
介護

良いリーダーは褒め上手?

良いリーダーは褒め上手

良いリーダーは褒め上手?

介護の仕事をしていると、必ず遭遇する「お局」と呼ばれる介護職員。

「お局」の存在は広く介護職だけに限らず全国各地の職場に生息していますが、明確な定義はございません。ただ、介護職に至っては一つの特徴がある事に気づきました。

  1. 介護福祉士といった資格を保有していない
  2. 経験だけやたら長い
  3. なので、現場での権限は強いが常にいう事が主観的

以上の特徴がある事に気づきました。

専門性の強い職業でありながら、どんな人でも介護職に就けるが故の弊害と言えるでしょう。

この「お局」と言われる存在総じて現場ではリーダーに近い権限を持っている故に求められる能力も現場を統率する強いリーダーシップや組織のマネジメント能力を求められるはずですが、「お局」と言われるだけあって他責的、自己中心的という特徴も併せてもちあわせているようです。

ま、もちろんそういった人たちはいずれは現場への立場はどんどんと下がっていくのでしょう。

そう、良いリーダーというのは自分の経験を奢らず職員の自発的、主体的に動こうとする動きをいかに否定しないか。

という事が求められるのでしょうね。

人は、自分の行動を肯定されると自信がつきすこしづつ行動が変わるといわれています。

なので、たくさんたくさん部下をほめてあげましょう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です