介護

パワーハラスメント防止法の施行で介護の現場は変わるのか?

パワーハラスメント防止法の施行で介護の現場は変わるのか?

よく巷をにぎわ職場でのパワハラ、セクハラ、モラハラなどの各種ハラスメント問題。

介護の仕事でも例外ではなく度々問題になります。

パワハラ、モラハラ、などを理由に退職する職員が多く、それが人手不足の原因の一因となっている側面があるのも事実です。

介護の現場でも「お局」と言われる職場内の上級職員が新人職員や中堅職員をいじめまがいの接し方をする事があります

こういった問題、今までは、表面化しない事が多く、内々で終わってしまったり例えハラスメントが原因で、仕事を苦痛で辞めてしまった場合でもあくまで一身上の都合により退職…というのが実情であることが多いです。

あまりにひどい場合には精神的に病んでしまって労災が認められたりする場合がありますが、正直身体を壊してからでは遅いですよね。

介護の仕事は平均労働時間は短いですが職場での労働の拘束性が高く誰かがひとり休むと誰かがひとり負担が増えるわけですから、健康的でいてもらう事もまた大事な事なのです。

こういった現状を踏まえて、ついに各種ハラスメントへの対応を事業者や国、労働者への責任を明確にするため

2020年の6月から「パワーハラスメント防止法」

という法律が施行されます。

「パワーハラスメント防止法」(以下 パワハラ防止法)は
パワハラ防止のために、雇用上管理が必要な措置を講じる事が事業所側の義務になる
パワハラの関する紛争が生じた場合調停など、紛争の解決に対する援助の申し出が出来るようになる

と企業に明確にパワハラに悩む従業員に対して企業の責任として対応をすることが義務となります。また、紛争が発生した場合に企業もしかるべき機関に援助の申し出が出来るようになります。(こういったものは以前からあったものが明文化されたのかな?)

そしてこの法律の施行に先立ち、事業所側が以下の対応をすることになります

  1. パワハラ防止に対する社内方針の明確化とその方針を周知
  2. パワハラ防止に対する啓発苦情などに対する相談体制の整備
  3. 被害を受けた労働者へのケアや再発防止

等の対応を企業側は求められることになります。

セクハラに対しても同様に対応が求められる事になり、こちらも明確に国や、会社労働者への責務が明確化される事になりました。

ちなみに職場でのパワハラ、セクハラ、というのは、会社内だけでなく、業務を行っている場所であれば職場としてとらえられます。
ですから在宅のホームヘルパーさんのように訪問した自宅でおきたハラスメントは当然として職場で受けたと扱われます。

この法律によってパワハラってなくなる?

さてこの法律、施行されて実際にパワハラやセクハラがなくなるのか?

私は、まだまだ難しいんじゃないのか?というのが1意見です。

パワハラやセクハラ、モラハラが起きる背景に、そもそも日本的な文化が起因しているように感じます。

これは、わたしの周囲での印象なので個人的な主観ではありますが、日本人て「人をいじる」文化がすごく根付いている感じがするんですよね…
当たり前のように見た目や相手の上げ足をとったりすることを息を吸ったり吐いたりするかのように言うんですよね。
特に年齢が上に行けば行くほど男尊女卑を全面に出してくる利用者とかもいますし、がっつり認知症があるので説明とかそんなに通じないし…

年齢層の高い上司は「〇〇すべき」「ちゃんと怒らないとだめだろ」と注意する、しかりつけるなんて指導方法が「至高」と思い込んでいる人が今でも会社の中枢にいるんですよね
長年しみ込んだ価値観を変えるというのはなかなか難しいと私自身実感している訳です。

こんな考え方の人間がいる中で、法律で拘束をした所で体裁を整える事なんて企業側は別に難しい事じゃないですしね…

形だけの社内方針、形だけの啓発活動、形だけの相談能力の無い相談窓口、パワハラ認定されるものが実績として出ますかね?

相談なんて、生活保護の水際作戦と一緒で「相談は受けるけど対応は自分でやってね☆」とやんわーりと突っ返されるんじゃないかと疑っている私です。そこで机をたたけるのが外国の文化では良く聞くんですが

そこを行儀よく帰っちゃうのが日本的な文化でしょうからなかなか厳しいんじゃないかと思っている私です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です