在宅介護

【家事はオワコン】ケアマネージャーがオススメする家事代行サービス【3選】

【家事はオワコン】ケアマネージャーがオススメする家事代行サービス【3選】

こんにちはぶるです。

本日はケアマネージャーとして働いている私が、オススメする家事代行サービスのお話をしたいと思います。

「ケアマネージャーが家事代行サービス?」
「あんまり関係ないんじゃないの?」
と疑問に思われるかもしれませんが、実は「介護サービスの調整役」であるケアマネージャーと家事代行サービスは切っても切れない関係なのです。

というのも家事代行サービスは自宅で料理や掃除、洗濯などほぼすべての家事をしてくださるサービスです。

介護保険でも生活援助と言われるサービスが家事サービスに似た内容のサービスを提供しています。

介護保険は一回20分~40分で300円程度と一割負担という強みを生かした金額でサービスが提供されています。

じゃあ「介護サービスを利用している人であれば介護保険の生活援助でいいんじゃないの?」とも思われるかもしれませんがそこはそんな簡単な話ではないんですね~

というのも、生活援助でのお掃除の導入は、それなりに介護サービスで入る理由が無いといけません。
ただ、部屋が汚いから掃除が必要という理由だけでは介護サービスとして生活援助を使う事が段々と厳しくなってきています。

また、介護サービスの生活援助は自分の使う部屋だけとか掃除が出来る範囲も決まっていて、留守中はサービスを実施できなかったりします。なにかと融通が利きにくいという側面もあり、万能ではありません。

そういった理由から、私は比較的支払いに余裕がある高齢者のお宅には家事代行サービスをおすすめする事が多くなってきました。

そのような経験から今回は自分が実際に使っている家事代行サービスや独自に調査したサービスを元におすすめの家事代行サービスを紹介したいと思います。

オススメ家事代行サービス1位:タスカジ



こんな人におすすめ

メリット
  • 栄養士や調理士、整理収納アドバイザーなど多方面のプロフェッショナルが沢山
  • 身分証の提示など利用手続きが面倒だが、お互いの身元がしっかりしている為、双方の信頼関係を構築しやすい
  • 定期的に依頼するのであれば留守中でもサービスをお願いできる
デメリット

サービスが複雑でどれを選んでいいのかわからない

  • 単価が1500円~
  • 最低利用時間が3時間から定期利用とスポット利用があるがどちらも3時間利用が原則なのでちょっとした掃除などでも一回あたりの支払いが高い。(夫婦共働き世帯であれば安いもんだが…)

タスカジは家事代行業者を介さない個人同士の契約の為、価格がリーズナブルです。
掃除や料理はもちろん、ペットのお世話、子供の相手など、追加料金なしでまとめて依頼できる事が特徴です。

個人同士の契約もありトラブルにならないか心配との声にも、レビューなどでサービスの実施後に満足度を評価されるため、「見られている」という適度の緊張感の中でサービスが実施される為、質はしっかりと担保される仕組みになっているため安心して利用が出来ます。

入会金、登録料は一切かからない為、お試し感覚でも利用が出来ます。

ハウスキーパーさんと直接やり取りできるので細かい要望をスムーズに伝えられるので、要望に合わせてカスタマイズできます。

1人暮らしの親にもおすすめです。

こんな方にオススメ

  • 家事をこなす事にハードルを感じ始めたシニア世代
  • 30~40代の共働きののファミリー世帯
  • 仕事に忙殺される共働き世帯



オススメ家事代行サービス2位:ピナイ



こんな人にオススメ

メリット
  • 一回2時間~定期家事代行なら留守でも入ってくれる
  • 家政婦さんの空き時間を利用するのであれば1時間1500円~、二時間から利用可能なので比較的短時間でサービスが受けられ価格も最終的な価格もリーズナブル
  • 定期プランの料金は高いが家政婦大国のフィリピン人が提供するサービスでキッズケアや英語でのコミュニケーションが可能だったりと価格に見合った付加価値がある。
デメリット
  • 国籍の違う人が苦手な人には心理的障壁が高い

二位はピナイです。この会社の一番の特徴はスタッフが全員フィリピン人という所でしょう。
「なんでフィリピン?」と思った方も多いでしょうが、実はフィリピンは家政婦大国で、家政婦や最近では介護などで国外に出て外貨を稼ぐそれで国内にいる家族を養う…という文化があります。
その文化に裏打ちされた高い家事全般のスキル、さらに日本でも研修を受けた最高クオリティの家事代行サービスを受ける事ができコスパは非常に高いです。
全スタッフ日本語対応なので安心して利用が出来る事でしょう。
ご高齢の方は、外国人とのなじみが薄く戸惑う事もあるでしょうから高齢者には使いにくいのですが、外国人とのかかわりが日常的にある若めの世代にはこれほどコスパの良い家事代行サービスはなかなか無いと言えるでしょう。
またスタッフは英語も話せる為、お子さんと実践的に英語で話せる機会が作れるというサービス外の部分にも付加価値がある為、英語教育が必修の小さいお子様を抱える世代にはさりげなく実践的な英語に触れる機会も作る事が出来るのでちょっとした英会話スクールみたいにも出来るのも大きいでしょう。


オススメ家事代行サービス3位:ダスキン



こんな人にオススメ

メリット
  • 大手事業所の提供する家事代行サービスという安心感
  • 出来るサービスも多岐に渡り、「お掃除おまかせサービス」「家事お手伝いサービス」「おかたづけサービス」「グランサービス」「産前、産後応援サービス」など様々なプランがあり、それぞれのスタイルに合わせて選ぶことが出来る。衣類の収納などを承るサービスや宅配クリーニングなど、清掃業者のスケールメリットを生かしたサービスの提供が売り。
  • 全国どの地域でも拠点があるので、なじみがある。
デメリット
  • サービスの種類が多いのでどれが適切かがわかりにくい
  • スタッフ二名でおかたづけなどのサービスがある反面、通常利用の家事サービスもやや割高

私の活動している地域ではよくお願いしています。働いている職場の大掃除共々お世話になっています。(笑)
ダスキンさんは全国津々浦々あるので身近だと思います。


以上
現役ケアマネージャーがおすすめする家事代行サービス3選でした。

この家事代行サービスは私の担当する利用者にもご紹介していますが、いつも忙しく働いてくれている会社のスタッフにもおすすめしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です