大切な人と最後まで…
いずれは訪れる家族介護 それがより良い想い出となるように...
仕事選び

介護の仕事を選ぶポイント

介護施設は種類によって全然違う?

介護の仕事は働ける施設だけでも多岐に渡ります。在宅系、施設系、訪問系、福祉用具系、と介護職として働ける施設の種類だけでもこれだけあります。

さらに在宅系の中でも・デイサービス・小規模多機能型・ショートステイなど様々な種類があります。働く場所によって、職員の規模、利用者の規模も違いますし、働き出してから「なんか思っていたのと違うな…」とならないようにしたいところです。
今回は、巷に溢れる介護施設の特徴と自分の生活スタイルにあった介護の働き方をお話ししたいと思います。


夜勤などをしながらしっかり稼ぎたい

独身の方や家族に協力してもらえる方、子育てが終わった方でしっかり働きたい方はこの働き方が良いでしょう。主に入所施設ですね、例えば、特別養護老人ホーム(特養)・老人保健施設・グループホームなどです。

体力的な大変さは

老人保健施設>特養>グループホーム

と言った所でしょうか?(※あくまで主観です)有料老人ホームやサ高住は運営形態がバラバラなので、言及しません。

老人保健施設と特養はどちらも入所系の施設で対象者はそこまで変わりません。朝、昼、夕の間に1、2時間のオムツ交換が続いたり、リハビリなどで1日があっという間に過ぎてしまう程、日中、夜勤帯、含めて肉体労働に近いです。

ただ、肉体労働といっても建設業の仕事などに比べると肉体労働じゃ無いかも… 肉体労働と揶揄されやすいですが、しっかりした介助方法を覚えれば、体力的な大変さはグッと下げる事が出来ます。

年収も介護職の中では高水準で29年度だと平均で430万ぐらいとなっています。(平均なので新卒だとおそらくもう少し少ないです。

 

実際の求人例①東海地方

A社会福祉法人 特別養護老人ホーム 大卒

基本給:174000円(高卒:152500円)+夜勤手当6500円×5回

処遇改善手当/年間441000円(29年度実績)資格手当:介護福祉士5000円

賞与:基本給×4ヶ月(夜勤手当は含まず)
休日:週休2日で年間113日 昇給:年一回(平均3000円/月)

年収:424万円

実際の求人例②北陸地方

B医療法人 老人保健施設 大卒

基本給:179000円(高卒:173000円)+夜勤手当9000円×5回

処遇改善手当/年間455000円(29年度実績)

賞与:基本給×5ヶ月(夜勤手当は含まず)
休日:週休2日で年間111日 昇給:年一回(平均3000円/月)

年収:403万円

実際の求人例③関東地方

株式会社C グループホーム 大卒

基本給:198000円(大卒)+夜勤2000円×5回

処遇改善手当/24500円/月 資格手当:10000円(介護福祉士)

賞与:基本給×4ヶ月 昇給あり

休日 週休2日 年間110日

年収:375万円

以上が各施設の平均的な初年度の年収です。ここから、年々昇給して行くのが、現在の介護業界の主な賃金体系です。ちなみに国が出している統計では、大卒平均年収は約240万円です。(厚生労働省調べ)

ですから、実は新卒に限っていえば年収は様々な職業の中では高い部類に入るということは覚えておきましょう。


給与面を見る時のポイント

給与面をチェックする場合は

必ず‼ 

年収で考えましょう

介護職は基本給に加えて、資格手当、夜勤手当、処遇改善手当…etc 様々な手当があり、職場によってそれぞれ表示の仕方が違っていて、基本給に夜勤手当が含まれていたり、資格手当が含まれていたり、基本給が高そうに見えて、実はいろいろな手当込みで表示されていて年収で計算したら大した年収じゃなかった…とならないように注意しましょう。

※ポイントは

  1. 資格手当の金額
  2. 夜勤手当一回の単価と月何回あるか
  3. 処遇改善手当の実績(前年度)まとまっての支給か?月単位の支給か?
  4. 賞与の実績

最低この4点は確認しましょう。興味のある企業のホームページにも求人の内容が確認出来るので文字で確認出来る内容についてはしっかり把握しておきましょう。待遇面はアレもこれも確認するのはストレスになりますし、企業側にもいい印象を与えないので出来る限り情報はとっておきましょう(そもそも待遇面を確認したら、マイナスな印象で捉えられちゃう風土が問題なんですけど…今でも多いんですよね…福祉はボランティアって考えてる偉い人)

介護の仕事の特徴として、100万単位で年収がジャンプアップする事はかなり稀です。最初の年収はかなり重要になりますので、ぶるさん的には絶対妥協して欲しく無いポイントです。


ハローワークをあてにしない

これから、介護の仕事を始めている方。ハローワークは求職する時に真っ先に出てくる選択肢ですが、全く知識のない状態でハローワークに行っても自分の思い描く職場に巡り会う事はかなり難しいと思ってください(笑)

ハローワークはあくまでも求人票の提示と離職者を減らす事が目的です

公的な機関ですので、必要以上の痒いところに手が届くような情報はハローワーク側から提供してくれる事はまずありません。

あなたが就職してくれればどんな待遇だろうと構わないのです。ただ、離職率の高い職場はあまりおすすめしないようですが(すぐにやめてもらったら困るので…)

待遇面の細かい事を知りたい、しっかりリサーチしてから自分の納得いく職場で仕事をしたいと考えている方は、派遣サービスを利用しましょう。特に聞きにくい待遇面、処遇面を細かく伝えれば、しっかり確認してくれるのでいいですよ。
派遣業者の中でも介護経験を持っている方がいる所ノウハウをしっかり持っている所だと特にうまくマッチングしてくれると思います。


 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です